ウィーン犯罪博物館
ミュンヘン在住のまゆじ~さんご夫妻がウィーンにやってきた!!
ということでちゃっかり便乗させてもらい遊んでたちゃっかり者のまゆみんです。

そんなお2人と、「犯罪博物館」に行ってきました。
ウィーンに来てから今まで犯罪博物館は避けてた私。
行ったメンバー全員が「グロイ」と言うこの博物館。
昔、行った病理・解剖博物館で限界だった私。
記帳に「興味本位で来てすみませんでした」と書いて、病理・解剖博物館をでてから、
もうグロイ博物館が行かない!と誓いました。
しか~~し、
「犯罪博物館ってのがありますよ」とまゆじ~ダンナさんに言ってしまったのが最後。
「よしっ!明日3人で行くぞっ!」となってしまったのです・・・。
ひぃ~~、あなた鬼!?と思ったものの、まぁこれを機会に行くのもいいかも・・・と、
意を決して行ってきました!



・・・・・・・・・・・・・



グロかった・・・・・・・グロすぎた。
特に1990年代になると写真が登場!
これは有名な絵画ですか?というほど拡大されてる写真とかもあり直視できん。
しかもウィーンで起こった歴史に残る犯罪なので、「~通りで起こった殺人事件」などと
かかれていて知ってる通りなんかあるとものすごくリアル・・・・。
いつの時代にも極悪人はいるんだ・・・・と思いつつ亡くなられた被害者の方たちのためにも、
少しでも犯罪がなくなる世の中になればいいな、そして過去の極悪人は地獄に落ちているよう願いました。
しかし、硫黄島の時も思ったけど、どうしてこっちの人達はあんなに笑うのだろう。
殺人記事や絵を見て皆で笑点ばりの大笑いですよ!
あれって照れ隠しみたいなものなのかなぁ?ウィーン七不思議のひとつです。。。

まゆじ~さんご夫妻、とても楽しかったです。
いろいろとありがとうございました!!


e0074500_23364419.jpg

毒盛られ事件。加害者の目が・・・・
なんて悪そうな目をしてるんだろう。
加害者にも澄んだ目をした頃があっただろうに・・・・こんな目になっちゃイカンよ!
[PR]
by mayumin_a | 2007-11-04 23:53 | ♪ウィーン
<< 夜景好きです♪ MIKADO >>