Mozart
12月5日はモーツァルトの命日ということで朝からラジオ、テレビで
モーツァルトという言葉をよく耳にしました。語学学校の先生もモーツァルトの
生い立ちについて話してくれました。(ドイツ語の先生はオーストリアのことについて話すのが
大好き)そんな中、私は国立歌劇場、モーツァルト・レクイエム(指揮・ティーレマン、ウィーンフィル)に行ってきました。
e0074500_1451511.jpg

自分の感情を上手く言葉で表現できないので、(なんせアホなもんで(笑))
なんて言ったらよいか・・・・・・・
単純に言うと、よかったです。
レクイエムに「良かった」も変だけど(^_^;)モーツァルトもきっとどこかで聴いていたでしょう。
オケも素晴らしくトロンボーンのバウスフィールドとクラリネットのシュミードルには
感動しました。(最近涙腺が緩いんですよねぇ、歳でしょうか(苦笑))
特にシュミードルは大好きな奏者で、私のクラリネット論を覆した方です。
シュミードルのモーツァルトを聴くとモーツァルトがシュミードルを通して聴衆に
語りかけているように聴こえるんです。
あの音色は世界中の人に聴いてほしい!

不思議なことに私はレクイエムを聴いても「恐ろしい」とは思わないです。
ゾクゾクする時はあるけど、大抵魂が浄化された気持ちになります。
なので、私にとってレクイエムを聞く事は時に必要なことなのです。
しかしフォーレのレクイエムは別。
なぜかフォーレのレクイエムを聴くと毎回嫌なことが起こるんですー…(´;ω;`)…
一度ものすごく悲しい出来事が起こりそれ以来封印しています。
あまり安易に聴いてはいけないのかな・・・安易に聴いたことは一度もないけど・・。
なので聴かずに大切に持っています。

話がずれてしまったけど・・・・
モーツァルトの生涯は35年という短さで不運も多かったけど、
こうして後世に名を残し、死後215年経った現在でも各地で演奏をされるなんて
やはり凄いことです。
私も何かしらの形で生きた証しを残したいな(^_-)-☆
[PR]
by mayumin_a | 2006-12-08 02:07 | ♪音楽
<< 市庁舎のクリスマス市 カフェ Klement >>